医療法人設立サポート





横浜市 横山会計事務所 医療法人設立サポート


医療法人設立メリット

社会的信用が高まる
診療所の事業承継が進めやすくなる
所得に対する税負担を軽減できる
役員退職金を支給できる
法人契約の生命保険料を一部損金に算入できる
妻に対する給与額の届け出が不要になる
診療所の経営と家計を分離でき、経営の明確化が図れる
事業年度を自由に設定できる
資金(資本)の集積が可能になる
医療機関・医療施設・設備の永続性が可能になる
分院の開設など事業の展開が可能になる
相続税対策になる場合がある


医療法人設立デメリット

医療法で認められた事業しかできない
一度設立すると廃業等以外簡単に解散できない
剰余金の配当が禁止されている
交際費の一部が損金不算入になる
小規模企業共済を脱退しなければならない
国民年金基金を脱退しなければならない
毎期決算後都道府県知事へ事業報告書等の提出が義務づけられる
都道府県知事の指導や監督、検査等が多くなる
事務処理が煩雑となり、手間と費用がかかる
消費税の納税義務の可能性がある
社会保険が強制適用となる
解散すれば、出資額以外の医院に残っている資産は国に帰属する


医療法人設立の流れ
当事務所に任せていただければ、専門家のネットワークも駆使して全て適切に処理いたします。
そしてどのような場合でも、まず院長先生に相談し、話し合い、納得していただいてから、お手伝いをするようにしております。

当事務所は、医療法人設立に対して多くの実績と豊富な経験及びノウハウを有しておりますので、適切なアドバイスを行うことができるものと思います。
もっと詳しく知りたいという方は、お気軽にお問い合わせ下さい。