軽減税率の実施に備えて、確認・注意すべきこと

2019年10月1日からの消費税率10%への引き上げと同時に軽減税率制度が導入されるため、10%(標準税率)と8%(軽減税率)の複数税率となります。軽減税率制度は、飲食良品を販売する事業者だけでなく、全ての事業者において、日々の取引や経理にも影響があります。予想される自社への影響や必要な対応について確認しましょう。

消費税率10%への引き上げ軽減税率への対応には、事前準備に相当の時間が必要となります。速めに当会計事務所にご相談いただき、自社への影響を確認して準備しましょう。

軽減税率の対象品目があるかどうかを確認
・個々の商品についての適用税率を把握し、顧客からの問合わせへの準備をする。
・飲食料品の販売がない事業者の場合、経費の支払いに対象商品がないか確認する。

レジや受発注システムが軽減税率にどのように対応するかをメーカー、システム会社等に確認
・改修や入替には、軽減税率対策補助金の活用を検討する。
※詳細については、中小企業庁のホームページ等でご確認ください。

区分経理等、経理処理の変更に対応した会計システム等の導入、改善、入替が必要かどうかを確認

請求書・領収書の株式の変更について確認
・発行システムの改善等は、必要かどうかを確認する。
・請求書・領収書等の用品類について、現行様式の在庫と新様式への切換に注意する。
?Gg[???ubN}[N??