税務調査で調べられること

会社を経営していると、数年に一度税務調査が入ることがあります。
「何回やってもあれは本当にいやだね」と苦手にしている経営者は多いようです。
では税務調査ではいったいどんなことが調べられるのでしょうか。主なものをあげてみましょう。

①売上の漏れはないか
売上をきちんと計上しているかは要チェック項目です。期末の売上は計上漏れになるケースが多いので、特に入念にチェックされます。
また小口の現金売上は比較的売上を落としやすいのでこれも注目されます。

②仕入、外注に関する項目
納品書、請求書、振込金受領書、領収書等を細かく確認され、売上との対応がチェックされます。
また遠方の取引先については架空ではないかと、厳しくチェックされることもあります。

③在庫漏れはないか
期末購入分の漏れがないかが調べられます。
また評価減をした棚卸資産については、その評価の根拠、翌期に評価額以上で販売した実績がないか等もチェックされるので気をつけましょう。

④経費の計上が適切かどうか
会議費、福利厚生費、諸会費、支払手数料等については、接待交際費、給与等に計上されるべき金額が含まれていないかがチェックされます。
また貸倒損失を計上している場合には、貸倒とすべき客観的条件を満たしているかという部分が必ずチェックされます。
さらに資産の除却損を計上している場合、廃棄等の証明を求められることがあります。

⑤代表者の給料、個人の確定申告書と生活のレベルはバランスがとれているか
会社の帳簿上でも、個人の確定申告書でも、代表者の生活のレベルに見合う収入が確定されないと、簿外の収入があるのではないかと疑いがかかることがあります。
代表者の生活レベルの目安として、乗っている自動車の車種等もチェックされます。

⑥簿外の預金口座はないか
会社や代表者との取引が出てこない銀行のカレンダー、メモ帳があるとチェックされる危険性大です。簿外の通帳等がないかを確認されることがあります。

———-
落合孝裕(2007)『「会社の税金」「社長の税金」まだまだあなたは払いすぎ!』フォレスト出版.
?Gg[???ubN}[N??